PAGETOPへ
中光商店の練り天は全て手作り。
仕込みから成形、揚げまで熟練した職人がひとつひとつ手作りすることで
素材を活かしたおいしい練り天が出来上がります。 今回はその製造工程をご紹介致します。
~練る~
石臼ですり身を作ります。すり身は練り天の命。
この仕上がり具合で、練り天の出来が左右されます。
石臼を使う伝統的な手法で、量産品とは違うふわふわ感が出るのです。
その日の気温や材料によって微調整を行う、まさに熟練の職人技。
弾力や光沢、味など厳しくチェックして仕上げていきます。
~造る~
おいしい旬の素材を練り込んで成形。
食感を損なわないように丁寧に行います。
すり身は、時間をおいてしまうと粘り気を失って質が劣化しまうため、
手早く成形する必要があります。
時間との戦いになりますが、仕事は丁寧に・・・
ここが職人の腕の見せどころです。
~揚げる~
練り天のそれぞれの大きさや・仕上げの色を考慮して
揚げ温度や時間が微妙に調整されます。
「素材の香りを活かすには?」 「パリパリに揚げた食感を楽しむには?」
職人が製品によって微妙な加減を繊細に調整します。
こうしておいしく揚がった練り天は、店頭に並びます。
揚げたての練り天はすぐに売り切れるものも…!
店頭にお越しの際、あげたての商品がありましたら是非ご賞味下さい。
冷めてもおいしい中光商店の練り天ですが、揚げたては格別です。
おいしいかまぼこはオンラインショッピングで全国配送に対応しています!
この機会に、ぜひご賞味下さい。